ふるさと納税の返礼品の選び方で「資産が増えやすい人」かどうかがわかる

年末の駆け込みになりましたが、先程ふるさと納税をすませました。

ふるさと納税のサイトにはあらゆるものが返礼品としてリストされています。
そのため、何を選んだらいいか迷ってしまう方も多いはず。

こういうときに考え方の軸を持っていると、スムーズに返礼品を選択できます。

というわけで今回は、ふるさと納税を資産形成という軸でとらえ、スムーズに返礼品を選ぶ方法について紹介します。

※モノではなく、食料品をいただくことを前提としています。
モノの場合は定価で考えたときの返戻率が良くても、ネット通販で調べると安くで売っていて、お得度が低いためです。

返礼品として、贅沢品をもらうか、日常品をもらうか

贅沢品といえばステーキやカニといったところでしょうか。
日常品でしたら、米や肉の切り落としですね。

この選択次第で「資産が増えやすい人」か、「一向に増えない人」かが決まると言っても過言ではありません。

資産を増やすには、節約する、稼ぎを増やす、投資などで増やすしか方法がありません。

つまり、節約ができる人は資産が増えやすい人です。

当然日常品をもらうほうが節約効果があります。
基本的には日常品をもらうようにしましょう。

日常品の節約効果が高いのは、基本的に量が多いためです。

贅沢品の例として、国産牛のステーキを見てみましょう。
お得なものを調べてみると、200g 4枚つまり800gで1万円という返礼品がありました。
1万円あたりでしたら400gです。

一方、同じ国産牛でも、日常でよく使用する切り落としでしたら、1万円で2.5kgという返礼品があります。
こちらの方がステーキよりも、1万円あたりの量が4倍以上多いのです。

単純に考えても4倍以上の回数の食費(一部)が浮くわけです。

その分、スーパーでの買い物が減らせますから、節約効果が大きいということになります。

節約した分を貯金や投資にまわして、資産形成に役立てましょう。

そうは言ってもステーキやカニも食べたい

とはいえ、贅沢品に使いたいという人もいると思います。

そういうときは、寄付金の割合を予め決めておきましょう。

僕達の夫婦はだいたい、8割日常品、2割贅沢品の比率です。

これさえ決まっていれば、日常品であれば米や肉それぞれの中でコスパが最もいい返礼品を探すだけで済みます。
贅沢品も割合が少ないので、あれこれ迷うこと時間も減るはずです。

まとめ

  • 基本は日用食品(米、切り落とし肉など)がお得でおすすめ。
  • 贅沢品(ステーキ、カニなど)はあらかじめ使用割合を決めておく。

このような考え方の軸をもって、時間もお金も節約してみてはいかがでしょうか。

最後になりましたが、食品の掲載数が多い納税サイトとしては、さとふるが有名です。

ほな。

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です