東大院卒式ダイエット戦略

先日、ダイエットのためジム通いを始めたと書きました。

今回は、具体的にどうやって体重を減らすのかについて考えた方法を紹介します。

痩せるのに必要なことは以下の2つ。

  • 基礎代謝を増やす
  • 摂取カロリーを減らす

基礎代謝を増やすためにジムでやること

走るのって、嫌いです。楽しくないから。

ジムに通い続けるには、楽しさが必要です。
楽しさがなければ、結果が目に見えるまで通うことなんてできないでしょう。

僕もはじめは、「ダイエットといえばランニングマシン!」
と意気込んでいましたが、楽しくないので続きませんでした。

仕事で十分しんどいです。
なのに、なんでまた楽しくない、しんどいことをしないといけないのかと。
そんな感じで月1回くらいしか行かなくなってしまったことがあります。
当然やせません。

この失敗を活かすために考えたのが、
「楽しいこと」と「苦しいこと」のハイブリット法です。

僕の場合は、

  • 楽しいこと→スラックライン
  • 苦しいこと→マシンで筋トレ

と考えて、ジムに通っています。

楽しいだけでは痩せない。 (知っている方がいたら教えて下さい)
苦しいだけでは続かない。
その間を取る方法が、ハイブリット法。

犬田 熊
東大院卒式とか言ってる割には単純ですね。
めがわっと
いいものは得てしてシンプルです。命名もシンプルに限ります。
決してかっこいい名前が思いつかなかったわけではありません。

言い訳はさておき、
みなさんも、楽しいことと苦しいことを混ぜながら、
継続できて結果のでるジム生活をはじめてみてはいかがでしょうか。

書いていたら長くなってきたので、実際のジムメニューと、
摂取カロリー低減については、別の記事で書く予定です。

 

ほな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です