STORK使用時のアイキャッチ画像の簡単設定方法

アイキャッチ画像の設定って読んでもらうために重要だとは思っていますが、画像探したり、サイズ変えたり、案外面倒ですよね。

初期設定が簡単なSTORKであっても、記事ごとに準備の必要があるからやっぱり面倒です。
(WordPressテーマSTORKを使っている理由はこちら

ですが何記事か書いている内に、アイキャッチ画像の設定が、流れ作業のようにできるようになってきたので、ここでその方法をまとめておきます。

大きな流れは以下の通り。

  1. 画像を準備
  2. 画像を最適な寸法、ファイルサイズに変換
  3. 投稿時にアイキャッチ画像を設定

それでは、詳細説明です。

↑これがfacebookいいねボックス。記事の一番下に表示されます。

アイキャッチ画像と同じ画像が、いいねの横に自動で設定されるようになっています。

STORKですと、このボックスが簡単に設置できるのでやっておいて損はありません。

まず、テーマのカスタマイズ画面を開き、「投稿・固定ページ設定」をクリック。

下にスクロールしていくと、「ここのURL入力欄にサイトのfacebookURLを入力します。

最後に一番上の公開をクリックすれば完了、実際のサイトに反映されています。

 

画像の準備

無料で使用できる写真画像サイトとして、以下の2つをよく見ています。

  • Pixabay
    日本語でも英語でも検索できます。
  • Unsplash
    英語のみですがおしゃれな写真が多めな印象。

いずれかのサイトで、記事内容に合う画像を一枚選んでダウンロードしておいてください。

画像を最適な寸法、ファイルサイズに変換

変換にはリサイズ超簡単!Proというフリーソフトを使用しています。

このソフトで、下の画像の順番通りも設定して、画像を変換します。

そうすると、変換元フォルダにResizeフォルダができ、変換後の画像が保存されます。

②のサイズフリー指定では、いいねボックスに入る画像と同じ比率かつ、タイトル下に表示されてもボケないようなサイズを指定しています。
毎回この数値にすることで、均整のとれたブログとなるでしょう。

また、変換によって画像が軽量化されるため、サイトの表示速度にもあまり影響を与えないですみます。

以上で画像の準備は完了です。

投稿時にアイキャッチ画像を設定

記事を書いたら、公開条件やカテゴリ設定をする列を下に送って行き、「アイキャッチ画像を設定」をクリックします。

そこで、先程変換して保存した画像ファイルを設定すればアイキャッチ画像の設定は終了です。

あとは記事を公開すれば、タイトル下やいいねボックスに表示されているはずです。

 

ほな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です