マシントレーニングで鍛えるべき4つの筋肉とは

サラリーマン時代からジムに通っていました。
色々(どちらかというと精神的に)しんどかったので、月1回程度ですが。

その時は、ダイエットといえばランニングマシンと思い込んでいて、
走るだけで苦しかったので、筋トレはしていませんでした。

ですが、基礎代謝を上げるには筋肉をつける必要があります。

筋肉の中でも、大きい筋肉を鍛えれば、
それだけカロリーの消費が早くなり、痩せやすくなるわけです。

そのため、背筋や胸筋、腹筋、大腿筋を鍛えることにしました。

大腿筋は、スラックラインでもかなり使用するので、背筋、胸筋、腹筋をマシンで鍛えています。

やっていく中で変わっていくとは思いますが、以下のマシンを使ってます。

背筋はラットプルダウン。

胸筋はチェストプレス。

腹筋はアブドミナル。

各マシン、10回を3セットです。

できるギリギリの負荷でこれをやります。

初めてやったときには、とんでもない筋肉痛になりました。

筋肉痛が治ったら、またギリギリの負荷で3セット。この繰り返しです。

苦しいことに分類しましたが、上げられる重量が増えていく所は目に見えるので、
楽しみもあります。まだ初期段階ですが。

スラックラインとマシンの組み合わせで、
楽しみながら体づくりをすすめていきます。

始めたときは、およそ68kgでした。身長172cmなのでBMIは23。25で肥満なので若干危険です。

しばらくたったら経過報告します。

 

ほな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です