Macで「右シフト」を「アンダースコア」に変更

日本語配列のMac book proに、英語配列のHHKBを接続して使っています。

Mac日本語配列では、「ろ」のキーがアンダースコアです。

HHKBにはそれがなく、アンダースコアの入力にはシフトとハイフンの同時押しが必要です。

プログラムを書くときに頻繁に使用するキーのため「ろ」付近に欲しくなってきたので、キーボードのレイアウトを変更してみました。

Karabiner-elementsというソフトで実現できたので、方法を紹介します。

「右シフト」を「アンダースコア」に変更する手順

1. Karabiner-Elements をインストール

以下のリンクからダウンロード、インストールをしてください。(無料です)

https://pqrs.org/osx/karabiner/index.html

2. 対象デバイスの設定

インストール後にソフトを立ち上げたら、Devices タブで設定を変更したいキーボードにチェックを入れましょう。僕の場合は、HHKBですね。

3. レイアウト変更用のファイルを設置

下記のjsonファイルを、/user/.config/karabiner/assets/complex_modifications に入れます。

4. 設定変更を適用

Complex Modificationsタブで下の方のAdd ruleをクリックすると、 先程追加したルールの「Change right_shift to underscore」があるはずなので、Enableをクリックします。

5.  「右Option」を「シフト」に変更

4までで、右シフトはアンダースコアに変わっているはずですが、右シフトがないと困るという人もいるかと思います。ここでは、右Optionをシフトキーとして使用できるようにして、その場をしのぎます。

Simple Modificationsタブで対象デバイスを選択し、From key をright_shift 、To keyをlight_shiftに変更します。

以上で設定終了です。よければ試してみてください。

 

ほな。

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です