TOEIC勉強法1-4 まずはTOEICを知ろう

前回はTOEICの目標設定についてでした。

孫子にある通り“彼を知り己を知れば百戦殆うからず”です。
己を知ったあとは、彼(=TOEIC)を知りましょう。

そのために3冊紹介した内の1冊、

マンガで攻略! はじめてのTOEIC®テスト 全パート対策

を使います。

この本で学んでほしいポイントは2つ。

  1. TOEICの構成、時間配分を知る
  2. 解答テクニックを知る

TOEICがどういう問題構成でできていて、どういう時間配分で解いていくべきか。
これを理解しながら、随所に登場する解答のテクニックを読み進めてください。
途中の問題も解いていきましょう。

ただし、知らなかった単語を覚えることや、聞き取れるようになってから進む、といったように、ポイント以外のことはしないでください。
ノートに書き直すことも不要です。

上に書いたとおり、学習開始直後にすべき重要なポイントは2つだけです。

ここでは、うまくテクニックを活用できなくても構いません。
そういった練習は問題集でしていきます。
そのため、解答テクニックを「習得する」ではなく、「知る」にとどめています。

やることが絞られると、最後まで一気に読み通しやすくなるはず。

長くても一週間以内に、本書を2周してください。

復習の意味も込めて2周です。

ざっと理解したら、次のステップでテクニックを習得していきましょう。

 

 

ほな。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です